人気ブログランキング |

子豚たちの反乱 2 ~保護犬たちの幸せさがし~

<   2019年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧




ケトン食一か月、、、がケトン体が出ていない!、、、けど発作が治まってます

ひなばかりの記事で申し訳ないですが、
子豚組では家族を待っている子達が沢山います。 ⇓⇓⇓


ご応募心よりお待ちしています!!!

==========================

ひなに沢山のお役たち情報有難うございます<m(__)m>
一つずつ書きとめ、参考にさせて頂いています。
また何かお気づきの点等ありましたら是非情報お知らせ下さい。


さてここ数日、嬉しい事と残念な事が一つずつありました。

まずは嬉しい事。
実はここ3日間、朝の発作が起きていません\(^o^)/

・・・どのようにしたのかと言いますと、
午前中はとことん炭水化物と糖分を限りなくゼロにして、
お魚類3~5種類と鶏胸、ササミ類と良質なオイルだけ、の食事にしました。

これは私のオリジナルの考えなので、
同じインスリに悩む方には一つの参考例に留めて頂き、
詳しくは専門家とご相談してほしいのですが、

”午前中のみしんどくて低血糖発作が起きる”
”食事や糖分を与えるほど、具合が悪くなる”
”だけどご飯をむしょうに欲しがる”

という事で、きっとひなは、体が正常に作動するまで午前中いっぱい時間がかかり、
膵臓も働きが弱く、糖分と炭水化物に反応して、
インシュリンが沢山放出されてしまう、と勝手に仮定してみました。

そして複数のお魚、鶏胸類、良質なオイルだけにした結果、
呼吸が荒くなったり、朝3時から一時間ごとに吠えたりはしますが、
発作は起きなくなりました!!!

(きっとサバ缶やツナ缶だけでも発作が抑えらそうですが、
缶詰は発作が起きた時ようの命綱として取っておき、
今は色々な種類の食品からまんべんなく栄養を摂りたいと思います。)


そして午後と夜の食事は、メインの食事前にレタスやキャベツ等の生野菜+オイルを与え、糖質の急な吸収を抑える、
(野菜類にも糖質、炭水化物が含まれているので午前中はあげない)

メインのご飯は他のお肉の部位(豚ヒレ、豚レバー等)を取り入れ、
他の野菜も沢山取り入れ、一日20~30品目位+良質オイル4,5種、
でケトン食を続けています。


・・・そして残念な事が一つ。
外国経由で時間がかかっていたケトン測定紙がやっと届きまして、
尿検査で調べた結果、ケトン体が出ていない事が分かりました😨😨😨

ケトン食を続けたこの一か月はいったい何だったのかとショックは大きいですが、
実は心当たりもありまして、

・食欲が減るはずなのに、全然減らない(インスリノーマの特徴ですね)
・体も痩せるはずなのに、逆に太っている(同上です💦)

ケトン体は飢餓状態にならないと発生しないのですが、
でも飢餓状態になると低血糖発作が起きるインスリノーマの場合、
一体どうすればいいの?っという疑問があります。

ネットで調べた限り、そういう経験者は見当たらないので、
一体どうやってこの矛盾した問題を乗り越えるのかが大きな課題なのですが、
まずは発作を起こさないすれすれのラインで食事を控え、
体重を落としていき、ケトン体を取り入れられるよう、頑張らなくちゃって事ですね。


ちなみに朝は3時からドスの効いたチンピラみたいな声で
腹が減ったぞーーーっと脅しまがいの怒りの鳴き声に始まり、
お湯でかさ増ししたご飯をあげると、その一時間後にまた起こされ繰り返しになります。
(低血糖になった時は空腹感だけでなく、異常な恐怖感、不安感、イライラ、怒り等のドス黒い感情が湧き出るそうです)

余りにも消化が早く私も睡眠不足が続いていますので、
今度はアドバイス頂いたように、大きめにカットしたり、
固いものを混ぜて消化時間を稼ぎたいと思います。
(ひなはおばあちゃん犬ですが、多少は固い物をあげても下痢にはなりません)

ちなみにドライフードでもふやかすと消化が早いので、
インスリの場合、ふやかさないほうが良いかなと前の経験から思ったのと、

ケトン食の調理法も茹でてばかりだと消化が早いので、
炒める方法も取り入れたいと思います。

===============================

人のインスリノーマのブログ記事ですが、
糖分に反応してインシュリンが大量に分泌される事について書かれてありました。
⇓ 参考資料

⇈の方のコメント欄にもご経験者の体験談が書かれていますが、
やはりとても怖い病気で、改めてもっと勉強しなくては、と思いました。






by kobutatati | 2019-09-24 17:11 | ひな インスリノーマ闘病記 | Comments(10)

万全を尽くしてもまた発作を繰り返すひな

【お知らせ】

・ビンちゃん(ビンドゥ)トライアル予定となりました\(^o^)/
・ひなたのプロフィール書き換えました!
・メーガン、メロン、ナナ、ゆう(2匹は今月末避妊手術予定)、絶賛家族募集中です。

詳しくはこちら ⇓ 銀ママさん、アップ有難うございます♪ところでラグビーワールドカップ、大事な初戦勝利、
おめでとうございます🙌🙌🙌

ラグビーと言えばエビスヤですが(笑)、
日本人系先発レギュラー8人のうち5人
(松島さん、田村さん、流さん、堀江さん、中村さん)+解説者の畠山さん、
がエビスヤのお客さんという事で、何だか身内が試合をやっているような感じで
ハラハラしながら仕事しつつ応援していました。

ここまでの長い道のり、メンバーの頑張りを肌で感じてきましたし、
レギュラーに慣れなかったメンバーも知っているので、尚更感慨深いです。

このまま良い流れにのって欲しいです!!!日本ガンバレ🙌

(余談ですが、ラグビー選手がご来店下さると大体分かるのですが、
先日、ハズキルーペの女優の武井咲さんと
エグザイルのボーカルの人&ファミリーがいらしても
最後まで全く分からなかった私です、笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

⇓ ここからがひなの記事になります。


インスリノーマの低血糖発作は、空腹、運動、興奮、等で起こるのですが、
過剰な位の空腹対策、外出禁止で運動制限、興奮、刺激になるものは全て避けて、

特に朝は光も刺激になるので部屋も暗くして音にも気をつけて、
もちろん食事にも気をつけて万全を期していますが、
それでもひなは毎朝低血糖発作を繰り返しています。

そして発作を止めようと糖分を与えると、約30分後にさらに発作が起きて、
発作が治まるまで大体3時間を要します。
(時間を逆算してご飯をあげるようにして、
発作が治まったら大至急他の犬の散歩、そして仕事に向かいます)

ステロイドの効果が出るまで2週間位かかるそうなので、
それは仕方が無いとしても、
発作を起こさないようにも出来ない、起きた発作を止める事も出来ない、
となると手の打ち用がなく、獣医さんが仰っていた、
”一か月、一か月生き延びられた事を喜んで下さい”
と言われた事もあながち嘘では無いのだなと実感しています。


それにしても、疑問に思う事ばかりで、
なぜ糖分をあげても発作が止まらないのか?
なぜ食後に発作が起きるのか?
なぜ毎日朝だけ発作が起きるのか?
なぜ運動もしていない、空腹でもないのに発作が起きるのか?
そもそもインスリノーマは無秩序にインシュリンを出し続けるので、
予測不能は仕方ない?


・・・とにかく連日の寝不足で頭が回らない中、必死に考えて、
出した答えは、逆転の発想で、
実は無秩序に見えて、きちんとした法則があるのではないか??

糖分をあげるから発作が止まらない
食後だから発作が起こる、
朝だから発作が起こる等々、、、

そこに着目して、明日の朝食は一工夫したいと思います。
どうか明日は発作が起きませんように。








by kobutatati | 2019-09-21 03:14 | ひな インスリノーマ闘病記 | Comments(6)

インスリのひな、ケトン食続行中・毎朝の低血糖発作・ステロイド治療開始

(ひなの闘病記ですのでご興味ない方は読み飛ばして下さい)

ひなのインスリノーマ(膵臓ガン)が再発して約2か月。
ここ数日はケトン食が上手くいっているのか、
狂ったような食欲はちょっと落ち着きましたが、

それまではご飯の催促が酷く、寝ていると一時間おきに起こされる事もあって、
酷い睡眠不足で頭が回転しません。

そしてここ3週間はほぼ毎朝の低血糖発作との闘いで
発作が起きると意識朦朧、後ろ足が効かないなか、部屋中を歩きまわり
そこら中なぎ倒しながら頭から倒れ込み、
口の中を切って血を出したり、吠えまくったりで、
かといって抑えて動きを制御するとパニックになり、

部屋を暗くして、優しく撫でながら落ち着かせ、
意識が戻るまで約3時間寄り添います。

その間、失禁、脱糞、瞳孔が開き、舌が伸びきり、
発作を止める為にあらゆる食べ物を試しますが、
これがテキメンに効くというものが無く、
(糖分が効くのか、ケトン体に早くなるココナッツオイルなどが効くのか不明。
よく観測していますがどれも効いてないようにも思えます。)

そして先日はデイジーママさんから頂いた鯖缶で命拾いしました。
ママさん、有難うございます!!!
c0372561_01331407.jpg

このインスリノーマとは低血糖との闘いで、
今日は発作が治まりそうになったら、また発作が再発して、
(今日からステロイドを始めました。5mgを一日2回)

一体この状態は酷いほうなのか軽いほうなのか、
それともこれからもっと酷くなるのかよく分かりませんが、

とにかく一回の発作で亡くなるワンコもいるそうなので、
いつも死を覚悟しているような状態です。


そして不思議なのですが、発作が治まり、疲れて寝た後は、
発作が嘘のように目に輝きが戻り、意識がはっきりと戻っているのです。


そんな中ですが、人間の末期がん患者さんの病勢コントロール率83% ⇓ 
というケトン食はずっと続けています。(参考書 ⇓)

ケトン食って名前がとても怪しいですが、日本ではてんかん治療に効果があると認められており、また外国ではガンやうつ等の精神病や成人病、アトピー等様々な病気に効果があると認められています。

具体的には炭水化物と糖質を厳しく制限し、
タンパク質と良質の脂質を多く摂取するのですが、
落ち着いたらレシピも紹介出来たらなと思っています。
(梅いろパパさん、いつも的確なアドバイス有難うございます♪)


そしてそもそもケトン食を食べているのに、何故ガンが進行するのか?(若しくは横ばい?)
根本的に何か間違っているのではないかと、一つずつ検証することにしました。

・まず成分を一つずつ見直し、思ってもみないところで糖分、炭水化物を摂っているのではないか?

・分量、全体のバランスが間違っていないか?

・不足している材料、足りていない栄養分があるのではないか?

・そもそも膵臓癌に効果があるのか?

・若しかしたら稀にケトン体にならない、効果が無いケースがあるのではないか?

・なぜ朝だけ発作が起きるのか。

(⇈の問題は自分の中でだいぶ解決してきましたが、
長くなるのでここでは省略させて頂きます)

犬のインスリノーマのケトン食では情報がゼロなので、
梅いろパパさんにその都度アドバイス頂きながら、

人間のケトン治療法、
人間の癌全般、
人間の膵臓癌、
犬の癌全般、
犬の膵臓癌、

の情報の中から必要な情報をピックアップして、
ひなにアレンジしてケトン食療法を毎日進化させていってます。


今も毎日勉強している身ですが、今一番の課題が

・毎朝の低血糖発作をどのように抑えるか
・低血糖ながらも血糖値を安定させるには
・頻繁にあげていた食事の為、増えてしまった体重を元に戻す、ダイエット。

を念頭に頑張っています。

外出すると発作になるので、なかなか病院にも行けなかったのですが、
やっと昨日先生に診て頂けました。結果、

エコーでは目立った問題はなし、心臓も大丈夫、血検の結果は後日で、
他の犬に吠えかかり、相変わらずのパワフル差に先生も驚いていました(苦笑)


もうちょっと涼しくなる頃には良い方向に向かえば良いな、と思っています。


※ケトン食は私は自己責任でやっていますが、
きちんと理解しないで始めると命に係わる事もありますので、
安易な気持ちで始めず、必ず専門家に相談する事を強くお薦めします。


それから私事ですが、母も病気になりまして、
来月前半はお店は休み、その他時々臨時休業しています。

恵比須屋にご来店の際、また宅配物などは事前にご連絡頂けると助かります。
ご心配おかけしますが、どうぞ宜しくお願いします。






by kobutatati | 2019-09-18 19:20 | ひな インスリノーマ闘病記 | Comments(7)

ホクくん☆お星さまに

7年前に家族が出来たホクくん(左)と兄妹(弟?)のリースちゃん(右)。
c0372561_00345067.jpg
ホクくんのレスキュー時の記事はこちら ⇓
ホクくんは私にとって特別な思い入れがある仔です。

初めてのレトリバー系でないミックス犬、しかも和犬系ということで、
まるで未知の世界、どうなる事かと心配があったのですが、

その心配を打ち消してくれたのがホクくんのママさんだったのでした。

ホクくんは公園で独りでずっとお座りしていた所を保護された経緯もあり、
なかなか他人には心を開かないのに、
ママさんには最初から身を預けて抱っこされていたのがとても印象的で

他犬とはなかなか上手くいかなかったり、
病院などではお口が出ちゃう仔でも
こんな風に全てを受け入れて下さる方がいらっしゃるのだと感激し、
ママさんご家族様にホクくんだけでなく、私自身も助けられたのでした。

私のミックス犬のレスキューは
ホクママさんに出会えたからと言っても過言ではありませんでした。


そんなホクくんですが、8月9日にお空に旅立ったそうです。


以下ママさんから頂いたご連絡の抜粋です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

亡くなる3日前に、ジッーっと動かず立っている事があり、
翌日受診、検査では異常が見られず、
いつもは触ると怒るのですが、無抵抗で
後ろ足に痛みがありそう、という事で痛み止めを貰い、
その後元気にご飯も食べ、お散歩&ワンプロまでするほどに回復


その次の日は痛み止めが切れる時間頃から元気がなくなり、
水をガブ飲みしては吐くを繰り返し、食欲もなし。
病院がお休みだったので様子見。


そして当日の朝、
自宅前でトイレに行くと直ぐに家に戻ったので、
そのまま散歩せず病院へ行く準備をしママさんは出勤、
ご家族様がペットタクシーに連絡した後、ウンチをしたら
横になってしまい、数分後に旅立ったそうです。


結局原因は不明ですが、先生は血栓だったのかも知れない、とのこと。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⇈ ここまで


ご家族様にしか心を許さなかったホクくん。
かわいくてかわいくてなくてはならない子、
一番の理解者で”私の心”のような存在、、、とまで仰って下さって、
本当に感謝の気持ち一杯です。


ホクくんが最初にお世話になった病院は、Uママさんが預かって下さった子達が、
今はナナちゃん、ユウちゃんがお世話になっているのですが、その先生が

”ビビリの仔はあなただけを必要としてくれてかわいい”

と。本当にその通りですね。
唯一無二の存在は、言葉では言い表せないほどかけがえのない存在だと思います。


ご家族様にとって、お別れは思いもよらず辛く悲しいばかりだとは思いますが、
ホクくんが最後までホクくんらしくいられて、
毎日の普通の生活の延長で旅立てた事は、
ホクくんにとって幸せな事だったと思います。


ご家族様、沢山の愛情を有難うございました。
ホクくんのご冥福を心よりお祈りしております。







by kobutatati | 2019-09-12 16:02 | 卒業犬&里親様ブログ、インスタ、FB | Comments(0)

大ちゃん(大悟)☆天国へ

6年前に素敵な家族が出来た大ちゃん(大悟)
c0372561_01594972.jpg
6年前の記事はこちら ⇓


4月25日 お星さまになりました。



そして大ちゃんの後を追うように、
仲良かった先住猫ちゃんも一か月後に旅立たれて、

ご家族様も乗り越えられない位、
辛く悲しい日々を送られていた事と思います。


大ちゃんは6年のうち2年以上、寝たきりの生活を送っていましたが
ママさんは介護のスペシャリストさんだったので、

介護の知識も豊富、経験も沢山積まれていて、
愛情たっぷり、これ以上なく大ちゃんに尽くして下さっていました。

お仕事抱えながらとてもとても真似出来る事ではありません。

パパさんもと~~~っても優しい方で、
年賀状には皆で干支にちなんだ被りものをつけて、
初笑いもプレゼントして貰ったり、、、


大ちゃん、幸せで本当に良かったね。

パパママさん、大ちゃんに沢山の幸せを、
本当に有難うございました。









by kobutatati | 2019-09-06 02:29 | 卒業犬&里親様ブログ、インスタ、FB | Comments(0)

ひな・ガン治療に特化した食事療法『ケトン食』を実践中

ひなのインスリノーマはステージⅢという事で
先生からはもう手の施しようがないと言われていますが、
それでも最後まで望みを捨てずに毎日出来る事を探していたところ、
梅いろパパさんに癌治療に特化した食事療法の
”ケトン食療法”
を教えて頂き、早速実践しています。
c0372561_18460711.jpg
ケトン食療法はご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、
てんかん治療では効果が認められており、
人の癌治療やダイエットにも効果があると取り入れられているケースがあるそうです。


ただ日本で、さらに犬の癌にケトン食を用いる症例はとても少なく
シニア犬×インスリノーマ×ケトン食、という
激レアケースで情報も非常に少なく悪戦苦闘する中、
毎回梅いろパパさんが的確なアドバイスで助け船を出して下さいます。

ご助言無しでは決して実践出来なかったと本当に有難く感謝するばかりです。
パパさん、いつもありがとうございます!!


ところでひなが行っているケトン食療法では
ガンのエサになる糖質と炭水化物を制限し
良質な脂肪と蛋白質を沢山摂るようにして
ガン細胞を兵糧攻めにしていきます。


参考資料1 ⇓



参考資料2 ⇓

ケトン食は犬用の情報が殆ど無いため、人間用の情報も参考にしています。
資料2は文章は難しいけど分量が具体的でとても分かりやすい(笑)、
これを犬用にアレンジして実践していきます。
(一度他でケトン食にはアボガドが良いとあり、あげたら犬にはNGで下痢をしました・涙)



ケトン食を実践していく上で難しい事は、、、

・ドライフードや市販のオヤツ等を一切使ないので、ストックに頼れない

・毎食栄養が偏らないようにバランスの取れた生鮮品(肉、魚、野菜)、良質なオイル等、幅広い材料を耐えず用意しなくてはならない

・常備しやすい炭水化物や乾物(米、麺類、パン、春雨類)、芋や根野菜等が使えないのでかさ増しが難しい

・食材一つずつに糖質、炭水化物がどれ位含まれているかチェックしないといけない

・少しでも安く新鮮で良い食材を求め、お店をはしごして買い出しに行かないといけない(特に青魚)

・糖質制限により今まであげていた果実などもNG、赤身肉はガンのエサになるのNG等注意が必要

・インスリノーマの低血糖発作が起きないように、食事間隔と量に気をつけ、
かつ太り過ぎないように、お腹も壊さないように注意しないとならない

・シニア(14歳7か月)なのであらゆるものに対して適応能力が低くなり、
特に新しい食材には慎重にならないといけない

等々、決してケトン食はラクではありませんが、
幸い、皆(他の犬にもお裾分け)特にメロンは悲鳴をあげる位喜んでいて、
ひなも皆のお皿を回収し、お皿の裏まで舐めるぐらい喜んでくれてます。

それに本職がご飯屋なので手作り食は全く苦ではなく、
むしろ作っている間の皆の期待に溢れた喜ぶ顔も嬉しく楽しんでいます。


そして肝心のひなの体調ですが、
実は一番初めはとても調子が良かったのですが、
ここ最近は毎朝低血糖発作を起こしています。
(発作が起きていない時は頭がクリアで相変わらず女王様です)

発作の原因をよくよく考えてますが、なぜ朝限定なのかと注目し、
おそらく睡眠中約8時間、空腹状態にあるのがいけないのと
暑い中、用足しに外に出すのがいけないのかな、と考え
これからは中間に一度起こしてご飯をあげ落ち着くまで外には出さず様子を見ていきたいと思います。

一日一日、インスリノーマが悪化しているのを感じていますが
落ち着くまでお散歩、外出は無しにして、
とにかく発作を起こさせないように、
涼しくなる頃にはケトン体が多くなり、少しは外に出られたらいいな、と思っています。

そして一般的にはステロイドをあげる時期に来ていると思いますが、
出来る限りステロイドは使わないで、発作をコントロールさせたいと思っています。


・・・そしてこういう状況でもガンは抑制出来ると信じています。

まずは先生に言われた一か月、9月20日を乗り切ること、
そしてムサシの誕生日、10月8日を乗り切り、お正月を迎え、
1月20日のひなの15歳の誕生日を迎えることを目標に、

そして最終的には一年前の術後に書いたように、あと3年は生き延びてもらう、
つまり2021年の8月20日まで頑張る事を夢みています。

c0372561_18453287.jpg
夢は生きる力、ガンには負けません!!!




※ケトン食療法は食事調整が非常に難しいので、我流は危険です。
もし実施を検討されている方がいらっしゃいましたら専門家の方へ相談する事を強くお薦めします。






by kobutatati | 2019-09-03 20:08 | ひな インスリノーマ闘病記 | Comments(6)

東京の杉並でごはん屋&個人で保護犬のレスキューしています。ひな、まさ、ムサシ&主人と暮らしてます
by kobutatati
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
子豚組(只今家族を探してい仔達)
レスキュー
卒業犬&里親様ブログ、インスタ、FB
イベント
収支のご報告
ご支援、ご寄付、ご協力に感謝です
思うことなど
お預かりさんへ連絡用記事
全ての動物や地球の為に
恵比須屋
ムサシ(シェパ×レトリバーミックス)
ナナ&ユウ(仔犬ミックス)
我が家の犬たち
マックス(ブラックポインター)
タロちゃん(柴犬ミックス)
ベル(プロットハウンド)
このは(ゴールデンレトリーバー)
ふじ(イエローラブ)
ヘンリー(和犬系ミックス)
柚希(ゆずき、ミックス)
龍之介、銀二、サブロー、ゆり(ラブ)
ヘンリー&ノエル
はち(黄ラブ)
ジェニー・ディップ(RBクーンハウンド)
メーガン(ベルジアンマリノア風中型MIX
猫ののぞみとひかり
ノエル(ゴル風ミックス)
プライベート
メロン(ビーグル)
ベル(ビーグル×ダックス?)
アダム(ジャーマンポインター×ラブ?)
ご希望者様、里親様へ 連絡用
ひな インスリノーマ闘病記
葉月(ミニピン風ミックス)
夏(ミニ柴風ミックス)
天 (ミニピン風ミックス)
守(黒ラブ)
風太(セッター)
ぽぽ(黄ラブ)
ダッツ(薄茶×白ポイントmix)
アカギ(ゴールデンレトリバー)
ヨイチ(プロットハウンド系)
日向(ひなた)小~中型ミックス
ビンドゥ(ウイペット系)
七夕姉妹 ナナちゃん&ユウちゃん
未分類

お気に入りブログ

~~~ご案内~~~

★以前のブログ★
子豚たちの反乱 1 ~保護犬達の幸せ探し

★里親様からの近況報告(卒わんブログ)★
子豚たちの反乱 卒業犬達の幸せだより

★ご希望を頂いてから正式譲渡までの基本的な流れ★
こちら

★お預かり様へ連絡用記事★
こちら

★正式譲渡の際の誓約書はこちら ⇓ ★
https://www.satoya-boshu.net/cgi-bin/touroku/seiyaku.htm

★連絡先★
i13kei@yahoo.co.jp
o8o-7oo7-1393
イワソト

★ご寄付の振込み先★
ゆうちょ銀行
記号 10090  
番号 46433581
イワソト ケイコ

他金融機関からの場合
店名 〇〇八 (ゼロゼロハチ)
店番 008
普通預金
4643358
イワソト ケイコ

検索

外部リンク

ブログジャンル