子豚たちの反乱 2 ~保護犬たちの幸せさがし~

カテゴリ:未分類( 2 )




無視されるのが一番のつらさ もっと見てもっと話してあげて~自己顕示欲と愛情

新聞を読んでいたら犬のしつけに物凄く役立ちそうな記事が掲載されていましたので、
犬のしつけに悩んでいる方の参考になればと思い、ご紹介させて頂きます。

日刊スポーツ、三浦健太さん記、”犬といっしょ”からの要約です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人間の子供と犬はよく似た感情を表す事があります。

”親を頼り、親を愛し、必死に受け入れてもらい、思いっきり愛情をかけてもらいたい、独占したい”

時にひときわ大きな声を発する子がいます。

騒がしくて周囲に迷惑をかけたいのではなく、親にもっともっと注目してもらいたいのです。

親に注目されているという自覚は

”まず見てもらえる。次に話を聞いてもらえる。そして時には叱ってもらえる”

注目されていないと不安になる時は

”叱られている時”ではなく”無視されている時”なのです。


無視されるぐらいなら、まだ叱られている方が注目されている証拠となり、
満点ではないものの無視されるよりは点数が高く、それは愛されている証と受け取れるのです。


実はこの話、犬にも当てはまるのです。

もちろん褒めてもらったり、抱きしめてもらうことは大好きです。

そして一番つらいのは叱られる事ではなく、無視されることなのです。

無視されるぐらいなら、イタズラや迷惑行為をして飼い主さんが叱りに来てくれた方がまだましなのです。


”こんなに叱っているのに、一向に迷惑行為が直らない”と嘆く飼い主さんは
一度、愛犬との接触時間を考えてみてはどうでしょう。

愛犬と語り合っている時間は一日のうちどれぐらいでしょうか?

沢山声をかけているようで、実は”〇〇しなさい”という指示語や、”いけない”という禁止語ばかりで、愛犬から伝えようとしている言葉は聞いていないのかも知れません。

もし話を聞いてくれて、話し掛けてくれて、いつも自分の気持ちを分かろうとしてくれている飼い主さんだとしたら、騒いだり、大声でむやみにほえたり、イタズラしてわざと叱られようとする必要はなくなるのです。

何かいけないことをする度に腹を立てて叱るばかりでなく、
もうちょっと見てあげて話しを聞いてあげようとしてみてはいかがでしょうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

手がかかる犬、問題犬が、全部この方法に当てはまる訳ではないと思いますが、
何か良い方向に向かうヒントになれば幸いです。


それから、保護犬の中にも、手がかかる仔がいます。
もちろん手が余りかからない仔もいます。


でも、それを試行錯誤しながら、一緒に成長していく過程が私は好きです。





宮崎県で、ベルや、ルビー(元いるる)に似た犬達が沢山収容され殺処分が迫っています。

熊本県でも、収容犬が80頭を超え溢れかえり、雨風をしのげない仔達がいます。

東京から遠く離れた九州の話なんて、自分には関係ないやっと思う方もいるかも知れませんが、

私達は地方からの恩恵をとても沢山受けています。


私達が口にしている、野菜や果物、お肉類、卵、、、若しかしたらこの犬達が番犬をして、農作物や家畜を守っていたからこそ、私達の食卓に並んでいるのかも知れません。


成犬を家族に迎えるのって難しいと思われるかも知れませんが、

覚悟させあれば、そんな事ないですよ、と

ムサシを迎えた私だからこそ、声を大にして言いたいです。



皆が寿命を全う出来ますように。


c0372561_02471721.jpg
☆このはは無事にトライアルに入りました。仮ママさんのブログをご覧ください。











[PR]



by kobutatati | 2017-10-04 01:19 | Comments(0)

”子豚たちの反乱 2” ブログのご案内とご挨拶

いつも子豚組を応援して下さっている皆様、
また、こちらのブログを初めて読みに来て下さった皆様、
ご訪問有難うございます。


こちらのブログは

”子豚たちの反乱 1 ~保護犬達の幸せ探し”

http://i13kei.exblog.jp/
というブログの続編となります。



主に、保護犬レスキューの話がメインとなりますが、

時々、我が家の犬達や、
私がやっているご飯屋の”恵比須屋”の事、
不必要に苦しい思いをしている動物達の事もなるべく書いていきたいと思っています。


それから保護犬のレスキューは、
主に、地方から、どこからもレスキュー予定が無い、
命の期限が迫っている犬達がメインのレスキューとなり、

私個人の判断と責任で、このブログをご覧になっている沢山の方の手をお借りして、行っています。


お預かりして頂ける方がいれば、病気持ちでもシニアでも、
どんな仔でも助けたいと願い、

一般譲渡にまわされにくい、中型犬、大型犬、ミックス犬や、
レトリーバー系をメインにレスキューしてきました。


沢山の方のご協力に心より感謝しております。

これからも、地道に活動を続けていきたいと思っていますので、
どうぞ宜しくお願いします。


一頭でも多くの動物達が、
不必要に苦しまなくていい世界となりますように。











[PR]



by kobutatati | 2017-09-02 01:32 | Comments(0)

東京の杉並でごはん屋&個人で保護犬のレスキューしています。ひな、まさ、ムサシ&主人と暮らしてます
by kobutatati
プロフィールを見る
画像一覧

お気に入りブログ

最新のコメント

~~~ご案内~~~

★以前のブログ★
子豚たちの反乱 1 ~保護犬達の幸せ探し

★里親様からの近況報告(卒わんブログ)★
子豚たちの反乱 卒業犬達の幸せだより

★ご希望を頂いてから正式譲渡までの基本的な流れ★
こちら

★お預かり様へ連絡用記事★
こちら

★正式譲渡の際の誓約書はこちら ⇓ ★
https://www.satoya-boshu.net/cgi-bin/touroku/seiyaku.htm

★連絡先★
i13kei@yahoo.co.jp
o8o-7oo7-1393
イワソト

★ご寄付の振込み先★
ゆうちょ銀行
記号 10090  
番号 46433581
イワソト ケイコ

他金融機関からの場合
店名 〇〇八 (ゼロゼロハチ)
店番 008
普通預金
4643358
イワソト ケイコ

検索

外部リンク

ブログジャンル