人気ブログランキング |

子豚たちの反乱 2 ~保護犬たちの幸せさがし~

インスリノーマでも長生き出来る!為のステロイドの考え方

(本日日付をまたいで2本目のアップです)

”インスリノーマになったら可能なら外科手術(後に高確率で再発します)、
頻食で血糖コントロールが難しくなったら、ステロイド投薬”
がほぼ一般的な治療方法かと思います。

そのステロイド投薬は医療行為であり、大変デリケートな問題ですので、
何の医療資格もない私が、あれこれ意見するのはあまり好ましく無い事かと思いますが、
自分の経験談として思った事をお伝えさせて頂きます。

:::::::::::::::::::::::::::

ひなはインスリの外科手術をした一年後に再発、
しかも肝臓や脾臓に転移していた為、再手術は不可、

意識を失う程のてんかん様の重度の低血糖発作を繰り返していた頃、
ステロイドを一日10mg/日(5mg×2回)飲み始めました。

体重30キロで一日当たりの投薬量としては少な目からスタートです。


”ステロイドの副作用が出てくるのは半年後位かな、、、
余命は3、4か月、、、”

との事で、両方を天秤にかけた上での投薬でした。


飲ませ始めて間もなく気になったのが、

寝ている時も呼吸が荒く辛そうだった事、
絶えず鼻が乾燥してガサガサ荒れていた事、
お腹が太鼓っ腹になった事、
首廻りにはタポタポとお肉がついた事、
太もも辺りの毛と皮膚が薄くなった事、
毛がバサバサになった事、
異様な興奮、
狂ったような食欲、、、


それでもステロイドにより体が少しでもラクになれば、と思っていたのですが、
眠れない程呼吸が荒くなっていくのを見て、逆にしんどそうに見えました。

また、このガサガサした鼻はもう元のツヤツヤには戻れないだろう、と。

鼻は健康のバロメーターですから、
内臓もダメージを受けている事は飼い主として容易に想像出来ます。

ネットでも最初は大した副作用はない、と書かれていますが、
やはり毎日顔を見ている飼い主からすれば、大きな異変です。


そして間もなく、夜間低血糖がますます酷くなり、
一晩中寝ないで食事をクレクレワンワンと騒ぎまくり、
絶えず口に食べ物を入れておくか、抑え込まないと暴れまくり、
まるで悪魔が乗り移った状態で、
ステロイド治療の限界を感じ、減薬を試みました。
(減薬の記事は過去に書いてあります)


※ご存知の方も多いと思いますが、ステロイドを始めたら、
急に投薬を中止するのは大変危険ですので、
獣医師とよくご相談下さい。


最終的には一日1.6mg(3分の一錠)で今も落ち着いていて、
遠出をする時とか体力を使う時は一日1.2mgを2回(2分の一錠)と調整しています。


主治医の先生は、発作を少なくする事、血糖を下げ過ぎない事に重点を置き、
最初の投薬量を決定したのだと思いますが、
ひなは極端に副作用が出た為、意図しない形で減薬となり、

結果的に減薬が上手くいき、気になる副作用もなくなり、
程よいQOLが保てていますが、

逆にあのままの投薬量を続けていたら、
今頃生き延びていても強い副作用に苦しんでいたと、思います。


ステロイド治療が進むと、なかなか後に引き返す事が出来なくなり、
副作用をカバーする為に他の薬を飲ませ、
体のコントロールが非常に難しくなります。


私のイメージではステロイドで、例えば血糖値が5~10上がったとしても
それと引き換えに体に与えるダメージは計り知れず、

ならば血糖値は低いなりに安定させれば、良い訳で、
それには色々な工夫をすれば良い訳で、

先生に言われた通りの治療をするのではなく、
何か引っかかったら、一度立ち止まって、よく調べてまた相談する。
場合によってはセカンドオピニオンも受けてみる。

その治療を選択する事によって、生活の質がどのようになり、
将来どのようになっていって寿命がどの位になるか、
よく聞いてみる事が必要だと思います。


私はインスリ犬はステロイドだけに頼らないケアが
長生きする秘訣だと、強く思います!


※ステロイドを飲ませるとビタミン、ミネラルが不足しますので補いましょう!




(おまけ)
インスリノーマでも長生き出来る!為のステロイドの考え方_c0372561_15054921.jpg
病院に行っても駐車場まで歩く間に低血糖になってしまいます。
軽い発作になってサバ缶をあげて回復したところ。

インスリ犬に運動制限は必須です。


(おまけ・2)

ボール投げをしてもほぼキャッチが出来ません。
運動神経は良いのに、ぶきっちょムサシ。
インスリノーマでも長生き出来る!為のステロイドの考え方_c0372561_15045796.jpg

まだまだ勉強中なのでお気づきの点がありましたら
是非アドバイス宜しくお願いします。

最後までお読み頂き有難うございました!!










by kobutatati | 2020-01-09 00:18 | ひな インスリノーマ闘病記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

東京の杉並でごはん屋をしながら個人で保護犬のレスキューしています。ひな、まさ、ムサシ&主人と暮らしてます。
by kobutatati
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
子豚組(只今家族を探してい仔達)
レスキュー
卒業犬&里親様ブログ、インスタ、FB
イベント
収支のご報告
ご支援、ご寄付、ご協力に感謝です
思うことなど
お預かりさんへ連絡用記事
全ての動物や地球の為に
恵比須屋
ムサシ(シェパ×レトリバーミックス)
ナナ&ユウ(仔犬ミックス)
我が家の犬たち
マックス(ブラックポインター)
タロちゃん(柴犬ミックス)
ベル(プロットハウンド)
このは(ゴールデンレトリーバー)
ふじ(イエローラブ)
ヘンリー(和犬系ミックス)
柚希(ゆずき、ミックス)
龍之介、銀二、サブロー、ゆり(ラブ)
ヘンリー&ノエル
はち(黄ラブ)
ジェニー・ディップ(RBクーンハウンド)
メーガン(ベルジアンマリノア風中型MIX
猫ののぞみとひかり
ノエル(ゴル風ミックス)
プライベート
メロン(ビーグル)
ベル(ビーグル×ダックス?)
アダム(ジャーマンポインター×ラブ?)
ご希望者様、里親様へ 連絡用
ひな インスリノーマ闘病記
葉月(ミニピン風ミックス)
夏(ミニ柴風ミックス)
天 (ミニピン風ミックス)
守(黒ラブ)
風太(セッター)
ぽぽ(黄ラブ)
ダッツ(薄茶×白ポイントmix)
アカギ(ゴールデンレトリバー)
ヨイチ(プロットハウンド系)
日向(ひなた)小~中型ミックス
ビンドゥ(ウイペット系)
アモルファス(しわしわ~ず仔犬)
しわしわ~ずの仔犬 お雑煮&イソベ
くるみ(元エヴァ・しわしわーずの母犬)
グロウ(しわしわーずの仔犬)
コウ(しわしわーずの仔犬)
いそべ(しわしわーずの仔犬)
お雑煮(しわしわーずの仔犬)
未分類

お気に入りブログ

最新のコメント

残念ながらPW流れてしま..
by kobutatati at 20:36
はい!有難うございました..
by kobutatati at 20:33
ぺぺちゃんになったのね~..
by 杉作ママ at 16:21
お預かりの麦ママさんの愛..
by わんこ隊長 at 08:15
隊長さん、有難うございま..
by kobutatati at 02:23
うわ~ 日向さん、目つ..
by kaychann1960 at 18:21
ありがとうございます。 ..
by kobutatati at 16:51
ありがとうございます!!..
by kobutatati at 16:45
ティーナと琴ちゃんのママ..
by ティアラまま at 01:07
ひなちゃんの訃報にびっく..
by DD at 18:14

~~~ご案内~~~

★以前のブログ★
子豚たちの反乱 1 ~保護犬達の幸せ探し

★里親様からの近況報告(卒わんブログ)★
子豚たちの反乱 卒業犬達の幸せだより

★ご希望を頂いてから正式譲渡までの基本的な流れ★
こちら

★お預かり様へ連絡用記事★
こちら

★正式譲渡の際の誓約書はこちら ⇓ ★
https://www.satoya-boshu.net/cgi-bin/touroku/seiyaku.htm

★連絡先★
i13kei@yahoo.co.jp
o8o-7oo7-1393
イワソト

★ご寄付の振込み先★
ゆうちょ銀行
記号 10090  
番号 46433581
イワソト ケイコ

他金融機関からの場合
店名 〇〇八 (ゼロゼロハチ)
店番 008
普通預金
4643358
イワソト ケイコ

検索

外部リンク

ブログジャンル