人気ブログランキング |

子豚たちの反乱 2 ~保護犬たちの幸せさがし~

ひな、インスリノーマが脾臓、肝臓に転移

≪インスリノーマ闘病記≫
※備忘録も兼ねてますのでご興味ない方はスルーして下さい。 


我が家のひな、14歳と7か月になりました。

去年3月から低血糖発作を繰り返し、2018年8月2日に手術で原発のインスリノーマと転移していたリンパ節を切除。

術後、重度の膵炎、退院後も膵炎がありましたがその後徐々に回復。
その後2か月に一回の血液検査とエコーで問題ナシと言う事で元気に過ごす。
また、今年2月に突発性前庭疾患を発症しましたがその後回復。

ラブらしく、もともと食欲旺盛でしたが、今年春頃からさらに食欲が増し、
膵炎予防のための消化しやすい低脂肪食から、
もう少し栄養価の高いものを取り入れるように。

後から思えば、それがインスリノーマの再発の兆候の一つ。
また、前足をよく舐める(栄養が足りていない?)、
散歩後半にムサシの股の臭いをよく嗅ぐ
興奮して眠らない事があるのが、再発のサイン。

そして2019年7月20日から散歩中に軽い低血糖発作が起きるようになり、
散歩を控えこまめに食事を分けてあげるようにする。

発作は、貧血にも熱中症にも似た症状ですが、突発的なもので、
まず後ろ足の爪をずる音が聞こえ、後ろ足がもつれ、
そして気を失うように頭から倒れ込みます。


絶食後の7月の血糖値51と54、(基準値は70~117)
インスリン濃度やその他の数値は大きな問題なし、
エコーでも腫瘍らしきものは見当たらないが、
もし再手術も視野に入れるのであればなるべく早く大学病院でCTを撮ったほうがいいと言われお盆明けに予約を取る。


8月20日、去年手術をした大学病院にて検査。

低血糖発作を抑える為、食事の回数が増えていたので、
体重は29キロから30キロに。
絶食後の血糖値62
リパーゼが12(基準値16~160)
エコーでは問題なし(腫瘍は見当たらず)

ただ精密にはCTでないと不明な為、全身麻酔をかけてCTを撮る。
結果、膵臓には腫瘍は見当たらないが、
脾臓と肝臓にインスリノーマが転移したものとみられる腫瘍が見つかる。

もし手術でこれを取り除いても、今後次々と腫瘍が現れる事が予想されるため、
手術をしても直ぐに再発が考えられる。

再発した場所が違っても、辿る経過はほぼ同じ。
去年と同じ症状(不安がる、攻撃的になる、警戒心が強くなる、生死に関わる程の食への異常な執着心など)性格も変わってゆく。

今後はこまめな食事で空腹を避け、低血糖にならないよう気を付け、
発作が頻発になったらステロイドを始める(時期はかかりつけの主治医と相談)

根本的な治療方法はなし。
高額なお薬もあるが、効果は何とも言えず。
ステロイドは腫瘍を小さくする訳ではなく、発作を抑える為に服用。
副作用として食欲増進、多飲多尿、肝臓のダメージ、皮膚の石灰沈着等が起こる。

病状が進むと寝ないで24時間体制で介護となるが、
一時間に一回食事をとっても、ステロイドを増やしても、糖分を摂っても、
血糖値が上がらなくなっていく。
その時は安楽死も視野に。
安楽死は医師の免許を持った人でないと出来ない。

いつもと違う行動(落ち着かず歩き回る等)、体温が低く感じる、
が低血糖発作が起きるサイン。
興奮、運動、空腹、ストレスを避ける。
発作が起きたら糖分を摂る。
これからはもっと体重が増える。
発作中は気を失っているので、痛みは感じていないと思うが、
見ている飼い主のほうが辛くなる。
一か月単位で生き延びられたらそれはとても喜ばしい事。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

調べたところ、食事は
・単糖類を軽減した高たんぱく食
・低GI食、低炭水化物、食物繊維の多いもの
・高脂肪(膵炎予防には低脂肪)
・複合炭水化物を含有した食事
・ブドウ糖は発作時以外NG

梅いろパパさんからもアドバイス頂いていますが、
玄米等腹持ちが良い物、血糖が長く下がりにくいもの、
空腹時に直ぐに食べさせられるものなどを
上手に取り入れていきたいと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

去年手術をして一年生き延びられ、
行きたいと思った場所へ行き、
やりたいと思った事が出来、
最高に幸せな日々を送る事が出来ました。


犬を迎える覚悟=犬を見送る覚悟、


今までひなから沢山の幸せを貰ったので、
これからはそのお返しをしなくては、です。

飼い主としての最後の役目をしっかり果たせる力が欲しいです。













by kobutatati | 2019-08-21 02:20 | ひな インスリノーマ闘病記 | Comments(2)
Commented at 2019-08-25 14:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kobutatati at 2019-08-26 03:04
心に響く素敵なメッセージをありがとうございます(*^-^*)
何だか力が沸いてきて、強くなれる気がします。
言葉の持つパワーって無敵ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

東京の杉並でごはん屋&個人で保護犬のレスキューしています。ひな、まさ、ムサシ&主人と暮らしてます
by kobutatati
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
子豚組(只今家族を探してい仔達)
レスキュー
卒業犬&里親様ブログ、インスタ、FB
イベント
収支のご報告
ご支援、ご寄付、ご協力に感謝です
思うことなど
お預かりさんへ連絡用記事
全ての動物や地球の為に
恵比須屋
ムサシ(シェパ×レトリバーミックス)
ナナ&ユウ(仔犬ミックス)
我が家の犬たち
マックス(ブラックポインター)
タロちゃん(柴犬ミックス)
ベル(プロットハウンド)
このは(ゴールデンレトリーバー)
ふじ(イエローラブ)
ヘンリー(和犬系ミックス)
柚希(ゆずき、ミックス)
龍之介、銀二、サブロー、ゆり(ラブ)
ヘンリー&ノエル
はち(黄ラブ)
ジェニー・ディップ(RBクーンハウンド)
メーガン(ベルジアンマリノア風中型MIX
猫ののぞみとひかり
ノエル(ゴル風ミックス)
プライベート
メロン(ビーグル)
ベル(ビーグル×ダックス?)
アダム(ジャーマンポインター×ラブ?)
ご希望者様、里親様へ 連絡用
ひな インスリノーマ闘病記
葉月(ミニピン風ミックス)
夏(ミニ柴風ミックス)
天 (ミニピン風ミックス)
守(黒ラブ)
風太(セッター)
ぽぽ(黄ラブ)
ダッツ(薄茶×白ポイントmix)
アカギ(ゴールデンレトリバー)
ヨイチ(プロットハウンド系)
日向(ひなた)小~中型ミックス
ビンドゥ(ウイペット系)
七夕姉妹 ナナちゃん&ユウちゃん
未分類

お気に入りブログ

最新のコメント

~~~ご案内~~~

★以前のブログ★
子豚たちの反乱 1 ~保護犬達の幸せ探し

★里親様からの近況報告(卒わんブログ)★
子豚たちの反乱 卒業犬達の幸せだより

★ご希望を頂いてから正式譲渡までの基本的な流れ★
こちら

★お預かり様へ連絡用記事★
こちら

★正式譲渡の際の誓約書はこちら ⇓ ★
https://www.satoya-boshu.net/cgi-bin/touroku/seiyaku.htm

★連絡先★
i13kei@yahoo.co.jp
o8o-7oo7-1393
イワソト

★ご寄付の振込み先★
ゆうちょ銀行
記号 10090  
番号 46433581
イワソト ケイコ

他金融機関からの場合
店名 〇〇八 (ゼロゼロハチ)
店番 008
普通預金
4643358
イワソト ケイコ

検索

外部リンク

ブログジャンル